2016年09月

160922  抜き足差し足

直前で、宝石を見つけて、大盛り上がりだったのに、



「何か音がした!!」 の一声で静まり返る、池のほとり・・・。



心配そうな小さな声で、


「ワニかな・・・」



「あ、また聞こえた!」



何かの鳴き声と、水に飛び込む音。




「抜き足、差し足・・・」



さっきまでの盛り上がりが、一瞬で張り詰めた空気になる。


みんなのアンテナが研ぎ澄まされているのが、ぎゅんぎゅん伝わってくる。




そぉっと歩き、どきどき心を揺らし、
正体の見えない自然の何かに、想いを巡らせる。


この瞬間、好きだなぁ。

P9224013

P9224028

今日は、京都から、もけもけさんが遊びに来てくれて、楽しかったね。
患者さんになってくれたり、草笛を教えてもらったり、ダンスに笑い転げてくれたり・・・。

またぜひ遊びに来てくださ~い。


160921  まねっこ

昨日の台風の大雨でたっぷり水のたまったどろんこ遊び場で、

ひとしきり遊んだ後の着替えにて・・・。


もっちゃん(女)「どうして、れ~ちゃん(女)には、おちんちんがないんかな~」


は~くん(男)「僕は、あるよ。」


も 「お兄ちゃんには、あるよ」


・・・・



れ 「もっちゃんも、ないじゃん!」





も 「もっちゃんの、真似したの?」


思わず(?)うなずく、れ~ちゃんが、おもしろかったな~。

P9213921

P9213924



森のようちえんピッコロ代表 中島久美子先生の講演会概要

9月4日、森のようちえんピッコロ代表の中島久美子先生の講演会を開催しました。
ほんの一部ですが、内容をシェアさせていただきますね。

森のようちえんピッコロは、山梨県北杜市にある自主運営の森のようちえん。
大人が先導せず子どもに任せる保育を実践していて、子ども30人に対し5人の保育者がついています。
ピッコロを卒園した子どもの保護者の方が、保育資格を取得して保育者になっているケースもあるそうです。

久美子さんは、7つの保育所を転職されてきましたが、一生働きたいという保育所には出会えなかったそうです。

保育所でライオンがヌーを食べてしまう絵本を読んだときのこと。
子どもたちは「ヌーがかわいそう」と言ったので
久美子さんが「でも、私たちはにわとりや豚を食べてるよね?」と疑問を投げかけると
子どもは「ぼくはお母さんにパックになったお肉を買ってきてもらってるから、殺してない!」と言ったそう。

そのときの、子どもの怒ったような様子にショックをうけ、
いのちが自分に結び付いてない、と強く感じ、とても危機感を持ったそうです。

もっと、いのちがくっついている教育をしたい。
そもそも火はどうやってつくのか?水はどこから流れてくるのか?
生き物たちがどう生きているのか?が大事ではないかと。

そんなこともあり、ご自分で森のようちえんを立ち上げることになるのですが
森の中で保育をしたかったというより、森にいると命がそばにある、というのが一番の魅力とのこと。

大事にしているのは、
子どもたちが喜怒哀楽、4つの感情を平等に出していくこと。
心を大きく揺らし、存分に自分の気持ちを感じること。

また、なんども言われていたのが、
子どもはもともとすごい能力を持っているということ。
考える力、想像力、察する力、動物的な感覚。

子供たちとの会話やエピソードをたくさん交えて具体的にお話くださったので
ピッコロで子どもたちが活き活きと過ごしている様子が伝わってきました。

チラシに掲載していた疑問や会場のみなさんの質問にも答えてくださいました。

・「信じて待つ」って大人は何もしないの?
大人は子どもの言いなりになるのではなく、大人の事情も伝えます。
また、指示はしないけれど、存在はしています。

・森のようちえん、卒園後の様子は?
自分で考える子、感じる子になっている。
大人のことも、子どものことも、信じられるようになっていると感じます。

・卒園後、現実には悲しいことや汚いこともあるこの世の中で、やっていけるのか?
できたら小学校2年生くらいまでは、好きなことができる環境で育ってほしいと思っています。
困難があったときに、子どもたち自身が状況を変えていく力を持ってほしいし、そう信じています。

・森のようちえんに行ける人はまだまだ少数派。ふつうに保育所に通っているお母さん、お父さんにできることは?
親は感情が入ってしまうので、怒ったりするのはあたりまえだし、難しい部分がありますが、できることもたくさんあります。
子どもに選択をまかせる、ということからやってみてはどうでしょうか。

このあたりも、たくさんのエピソードとともにお伝えいただきました!
久美子さん、本当にありがとうございました。

森のようちえんピッコロ


森のようちえんは、今、全国に広がっており、それぞれ考え方が違います。
百聞は一見にしかず。
森のようちえんまんまるも、ぜひ体験に来てみてくださいね!

大地とつながるお話会、予定通り開催しま~す

この雨の中、山ちゃんが無事に橋を渡ってきてくれたので、


本日19時より、「大地とつながる お話会」を予定通り、
緑のお家(淡路島マンモス駐車場となり)にて開催します。


午後から雨は小降りになりそうですが、お足元は悪いと思いますので、
お気をつけてお越しください。


お待ちしています。

160920 本日、まんまるお休みです

本日(9月20日)、淡路島全域に警報が出ているので、まんまるは休園します。

ティピ建設ワークショップは、本日は中止し、明日(21日)の午前中に建設予定です。


また、本日の夜の山ちゃんのお話会は、山ちゃんが来島できたら開催予定です。


この雨が恵みの雨となり、被害がでませんように。
開催場所
淡路島の真ん中にある里山プレーパーク淡路島マンモスで開催しています。
詳しくは下記リンクからご覧下さい。
淡路島マンモス
Googleマップ
ギャラリー
  • 170525  命たくさん
  • 170525  命たくさん
  • 170525  命たくさん
  • 170525  伝わる文化
  • 170525  伝わる文化
  • 170525  伝わる文化
  • 170524  森へ行こう
  • 170524  森へ行こう
  • 170524  森へ行こう