トンネルの入り口で、
小さな器に水を持ってきて、ジャバ~。


繰り返していた、は~くんに、
通りかかったそ~ちゃんが、

「何してんの?」


「ここ、工事してるねん」


「ふ~ん」


「そ~ちゃんは、何してんの?」



「あじめちゃんを驚かそうと思ってるねん」

と、抜き足差し足。



それぞれに、楽しみを見つけて遊びこみ、
それをまたそれぞれに、ジャッチすることなく、
あぁ、彼はこれをしているんだと認めるだけ。


一緒に遊ぶのももちろん楽しいけれど、
それぞれの時間を楽しんでいる空間、会話を、
あじめはトンネルの反対側でうれしく聞いていました。

P1282306

P1282305