あじめが長野にいたときに、たくさん話を聞かせてもらったり、遊びに行かせてもらった、
森のようちえん ピッコロの代表、中島久美子先生が、山梨からまんまるに来てくれます!

ピッコロの保育で大切にしている、「子どもを信じて待つ」大人の在り方は、
子育て中の方はもちろん、子どもに関わる全ての大人にたくさんの気づきをくれるはずです★
「子どもってすごい!」といつも目をキラキラさせて話してくれる、久美子先生が、あじめは大好きです。

大人はじっくり久美子先生の話に耳を傾け、
子どもたちは森の中で思い切り遊ぶ、森のようちえん体験をしませんか?

ぜひ、たくさんの方と分かち合う空間にしたいと思いますが、
講演会、森のようちえん体験ともに、定員に限りがありますので、お早目にお申込みください。

160904_軽



***************************************************************

子育て応援講演会&森のようちえん体験

「子どもを信じて待つ日々で見えてきたこと」




 山梨の豊かな自然の中で展開される、森のようちえん ピッコロの保育。
その時のありのままの子どもたちを受け止め、子どもたちの力を信じて待つことを大切にする保育です。
「なんでかな」と感じる時間を大切にしている空間で、
子どもたちは自分を生きています。
子どもたちのすごさに、いつも圧倒されていると笑顔で語る中島先生に、
その現場の声を聞いてみたいと思います。


とき   2016年9月4日(日)  10時~12時 ※9時30分受付開始 全席自由

主催  森のようちえん まんまる in淡路島マンモス

後援  淡路市、淡路市教育委員会、淡路市社会福祉協議会
     洲本市、洲本市教育委員会、洲本市社会福祉協議会

ところ  淡路島マンモス みどりのお家(淡路島マンモス駐車場隣)
     淡路市木曽下1277-1  http://www.awaji-mammoth.com/

参加費  ★講演会                  1,000円/人
       ★森のようちえん体験(3歳~7歳)   500円/人
       ★託児(3歳未満:室内での託児)    500円/人 

         ※定員になり次第、予約を締め切らせていただきますので、お早目にお申込みください


持ち物  ★講演会・・・飲み物、筆記用具
       ★森のようちえん体験・・・着替え、飲み物、タオル、帽子 
                        ※怪我や虫よけのため、長袖長ズボンでご参加ください 
       ★託児・・・オムツ、飲み物、お気に入りのおもちゃなど必要と思われるもの


その他  おにぎりランチ(お汁付き)をご用意します!
      いっしょにお昼を食べて、午後も親子で淡路島マンモスの森をのんびり楽しみませんか?
      午後は、「畑のやおや」も開店していますよ~。

      ●おにぎりランチ  500円
        (8月28日までに要予約:食物アレルギーのある方は、ご予約時にお知らせください)
          ※お椀、お箸をご持参ください


◆ご予約・お問い合わせ◆
080-5616-7181(佐藤) ※火・水・木曜日は午後3時30分以降
awaji.manmaru★gmail.com ※★を@に代えて送信してください

ご予約時に、以下をお知らせください
※フェイスブックページではなく、お電話、メールにてお申込みください
  メールの場合には、事務局からの返信をもって、ご予約完了とさせていただきます

1.お名前
2、ご連絡先(当日つながる携帯電話番号)
3、講演会参加希望人数
4、森のようちえん体験 参加希望人数と年齢
5、託児希望人数と年齢
6、おにぎりランチ 希望個数
   ※食物アレルギーのある方は、お知らせください


◆中島久美子先生 プロフィール
 
 森のようちえんピッコロ代表
幼児教育家。東京、横浜、山梨県内の幼稚園、保育園に勤務後、
「時間に追われることなく、子どもと向き合う保育がしたい」と、
2007年山梨県北杜市に「森のようちえん ピッコロ」を立ち上げる。

2010年、小学館雑誌「3,4,5歳児の保育」が主催したエッセイ大賞
「わたしの保育」に応募した、「動物の死」が大賞受賞。
2013年より、山梨県の子育てフリーペーパーにコラム「こたえは森のなか
~森のようちえんピッコロの冒険~を連載中。

IMGP3272 (1)