昨年11月にオープンしたばかりの、特別養護老人ホーム くにうみの里 の、
地域交流スペースをお借りして、「五感で描く つながる絵」を実施しました。

まずは、午前の部の様子をレポートします。

P1211334

今日も、まずは素材を五感で感じるところから、スタート。
なでたり、叩いてみたり、香りを嗅いでみたり、
こんなにじっくり、紙と向き合うこと自体がなんだか新鮮です。

16231462_1294451637302277_852248789_o

ボードを並べて、まずは講師の舟橋さんが、ぎゅ~んと墨で線を描き、
みんなのボードがつながりました。

会場には、あっという間に墨のいい香り。

P1211342

初めて使うオイルパステルは、どんな香り?

P1211347

混色したり、色の濃淡が出せたり、線同士が偶然に作り出す形に色を塗ってみたり。

いつもは上から下に向かって描くことの多い線を、下から上に描いてみたり、
線が増えるごとに、オイルパステルと仲良くなっていきます。

P1211349

参加者の熱気、墨のいい香りに誘われて、くにうみの里の利用者さんたちが、
会場にいらしてくれて、一緒に絵を楽しんでくれたり、
子ども達と遊んでくれたのも、とってもうれしい時間でした。

P1211359

P1211351

それぞれのボードを手に取ったら、最初の線から、
今度は自由に墨で、新しい線を生み出していきます。

すると、「この香り、いやされる~」という声が、続出。
大人になると、墨を使う機会もなかなかないことに気づきます。
幼児チームは、初めての墨に、筆に興味津々でした。

P1211361

夢の中で、臨床美術を楽しむ芸術家も・・・。

P1211367

オイルパステルや、墨の香の中で、自分なりの遊び方をしている芸術家も・・・。

「絵を描く気分じゃない」気持ちも、大切にできる、
くにうみの里の広々とした空間に、感謝。

P1211371

画用紙でのコラージュでは、さらに個性が大爆発。

ちぎったり、ハサミで切ったり、ねじったり、丸めたり、泳がせたり、躍らせたり・・・

P1211373

あっという間に制作時間が終了し、最後はもう一度、みんなの絵をつなげてみます。

16229861_1294443943969713_766560249_o

それぞれに、素敵な物語を内包した作品たち。

子どもにしかできない表現、大人だからこそできる表現が、そこにありました。

16229547_1294445127302928_943944135_o

ひとつひとつの作品に、丁寧にコメントしてくれる、舟橋さん。

ほめているわけではなく、そこにあるものを説明しているだけのようなのに、
自分の存在を認められた気がして、とってもいい気分になるから不思議です。

P1211397

P1211398

最後に記念写真を撮ろうと、少し離れて作品を見て見ると、

なんと、つながる絵たちは、「つ」の形をしていました!

16145639_1294443277303113_701519562_o

参加者アンケートでは、

・今日は、無心になれた!

・1つの線から大きな作品ができる達成感。開放感のある場所で、思いのまま、楽しく絵を描くことができた。

・あらためて、作業は人を元気にすることを実感。くにうみの里の利用者さんが作業に打ち込む姿にも感動。

・「今日は、○○を描きましょう」というお絵描きばかりなので、今日のお絵描きは、見ていても、やっていても楽しかった

・久々にダイナミックに絵を自由に描くことができて、気持ちが開放され、ゴールがなく、どんどん無限に描くことができる自由さ、楽しむ気持ちが自分にまだあるんだと気づいてうれしかった

などなどの感想をいただきました。

ご参加、ありがとうございました。


















※「臨床美術」及び「臨床美術士」は、日本における(株)芸術造形研究所の登録商標です