神戸市須磨区で、元気に活動している、森のようちえん すまっこのもり に、

橋を渡って、遠足に行かせてもらいました。


すまっこのもりの冬休みに、まんまるに参加してくれた子がいたことがご縁で、
念願かなった今回の遠足。


朝はパラパラ雨が降っていましたが、その雨のおかげで、
森の木々の彩がいっそう際立って、本当に素敵なフィールドでした。

P1301516

集合場所についたとたんに、どの子がまんまるっ子だかわからないくらいすんなりなじみ、
朝の会の歌、自己紹介の後、さっそくすまっこのもりの子を先頭に、冒険に出発!

先頭集団は、スタートから戦いごっこも楽しみながら、歩いていきます。

P1301527

どんどんと森は深くなり、巨大な蔓や、ふっかふかの落ち葉が楽しい斜面が現れました。

「こっちだよ!」

自分たちのフィールドを紹介する、すまっこの森の子たちの誇らしげな顔が素敵です。

P1301531

突如現れた、ぎざぎざの小山にも、さっそくよじ登ります。

降りやすいルートを教えてくれたり、反対側の楽しい斜面に誘ってくれる子も。

同い年同士で、初対面なのに息がぴったりあって、すぐに意気投合している子たちも。

P1301545

滑りやすい岩も、斜面も、全身を使って、歩いていくので、転ぶ子はほとんどいません。

P1301554

「小さい子がいるから、大丈夫かな」と言っていた、真っ暗なトンネル!

本当に真っ暗で、探検モード全開!

P1301559

天皇陛下に献上したことでも知られる、天皇池は、底がみえるほど澄んでいて、
魚を見つけたことがあることも教えてくれました。

P1301575

歩きだしそうな蔓、しゃべりだしそうな木も、子ども達を見守ってくれています。

P1301576

「おなかすいた~」の声で、お弁当の場所まで引き返し、お昼に。
たくさん歩いた後のおにぎりの味は、格別です。

お昼の後も、斜面をよじのぼったり、
草で焼きそば屋さんや須磨グランドホテルが大繁盛したり、たっぷり遊びました。


すまっこのもり のみんな、楽しい場所を教えてくれてありがとう。
今度はぜひ、まんまるの森にも遊びに来てね。


保育者さん、保護者さんとも話をすることができ、
身近に、同じように頑張っている仲間がいることをとても心強く感じました★
子どもはもちろん、大人も心地よい空間を、一緒につくっていきましょうね~。