「ほら、ここの木に足をかければ、いいんだよ」

「頑張って~」


海という設定になった、大きな穴の上から、
陸への上がり方を教えてあげる、ま~ちゃん。

し~くんが、お尻を押し上げ、とっくんが手を引っ張る。


それでも、あっちゃんの体は、海の中・・・。


「よし、しょうがない」

意を決したま~ちゃんが、海に飛び込み、あっちゃんを抱きかかえる。

抱っこしながら思い切り背伸びをし、なんとかあっちゃんの足が木にかかるようにしてみる。


3人があの手、この手であっちゃんを陸に上げてあげようとしてるけど、
当のあっちゃんは、それほど陸に上がりたそうに見えない。



だって、足を木にかけようとしていないもの・・・。


みんなが自分のために、色々考えてくれていること、大切にされていることを
楽しんで、味わっているのかもしれない。


だって、3人は必死だけど、あっちゃんは、ニコニコだもの。

笑っちゃうから、余計足に力がはいってないし・・・。


結果・・・

「やった~」 やっと登れた(登らせることができた)ことに、
3人が歓喜の声を挙げたとたん、


また、あっちゃんは、つるんっと海の中へ滑り降りていったのでした・・・。

P7023394

P7023392

P7023395

P7023398


次回は8月6日(日)に開催します。
また、第4回のお申込み締切は、8月1日(火)です。
定員になり次第、締め切りますので、ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。
詳細は、募集チラシをご覧ください。

お申込み、お問合せは、 satoyamadaiti★gmail.com ★を@に代えて送信してください。