「もっと割りたいね~」

「これは、どうかな」

「手で取ったら、痛いね」

「火バサミでつかんだら?」

「いいかも!」

里山大地自然学校のフィールドに、立派な栗がなり、
それをイガから取り出すのが、楽しくなったま~ちゃん。

まだ未熟なまま落ちてしまった栗も、割ってみないと納得いきません。



「ここに置くから、あじめちゃん、叩いて!」

平べったい石の上に置かれたイガを、丸太で叩く、
なんとも原始的な栗取り出し機!

ちょっと斜めになっている石は、栗が転がって、
思うようにたたけないことも。

「転がっちゃって、むずかしいよ~」と、言うと、



「栗は、そういうもんなの!」だって。



目の前の現象に、なんでかな?と思う探求心も素敵だけれど、
”そういうもんだ”と、まるごと受け止めちゃうってのも、
最高だな~と思った、秋のはじまりでした。

P9034568

P9034569

P9034571



次回は10月1日(日)に開催します。
また、第6回のお申込み締切は、9月26日(火)です。
定員になり次第、締め切りますので、ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。
詳細は、募集チラシをご覧ください。

お申込み、お問合せは、 satoyamadaiti★gmail.com ★を@に代えて送信してください。