イベントレポート

島の食卓 ~淡路島オーガニックマーケット~ たのしくおいしく参加してきました

島の食卓 ~淡路島オーガニックマーケット~ の当日準備を始めたのは、
まだ朝日が昇りきらず、ちょいと薄暗い朝6時。

PB050357


焚き火で暖を取りながら、たくさんの丁寧に愛情込めてつくられたモノたちが集まってきます。
会場も、いろんな種類の色とりどりの稲穂たちや野の花たちで飾られました。

PB050358


いつもの、ターザンロープの出発台も、素敵な新米試食コーナーに大変身。

PB050359

ぴっかぴかのおひさまが顔を出し、島の食卓がオープンすると、
ご近所さんが歩いて来てくれたり、
遠く海外(明石、香川などなど)からもたくさんのお客さんが来てくれました。

PB050363

しめ縄コーナー、蛍籠づくりコーナーも、みんな真剣!
手仕事って、やっぱりいいよね。

PB050369


あじめの友人家族も香川からみんなで来てくれたりで、うれしい再会がたくさんありました。

まんまるが出店した、木の実パチンコに、森の魚釣りには、
大人も子どもも遊びに来てくれて、盛り上がりました。

PB050381

PB050388


まんまるについて、熱心に聞いてくれたり、
「こういう情報、意外と島外の人の方が知っていて、
地元に伝わってないかも。
もっと地元の子ども達、大人たちが自然の中で遊びたいね。」とお話してくれる方も。

PB050387

焚き火を囲んで、愛媛からの歌うたいKeiho君の弾き語りも心地よい時間。
奥さんや友達が踊ってくれたり、ゆったりと森に溶け込む歌声に聞きほれました。

PB050393

PB050396

箱入り看板娘も大活躍して、生産者さんから直接皆さんの食卓へと食べ物たちが手渡され、
寒いけど、心はぽかぽかな一日でした。

PB050398


次回、日にちは未定ですが、春にまた島の食卓を開催予定です。
おいしものを育んでくれる、淡路島の大地と太陽、海、恵みの雨に感謝。

大切な私たちの体は、愛情たっぷりの食べ物たちでつくっていきましょ。


ごちそうさまでした★
ご参加、ありがとうございました。


まんまる焚き火Cafe 開催しました

気持ちよく晴れた、文化の日。


リュックを背負ってやる気まんまんなみんなが、まんまるに集まってくれました。

はじめましての子は様子を見ながら、
ホームグラウンドのまんまるっ子たちはいつもよりなんだかちょっと得意げに
マンモス広場へ駆け下りていきました。

PB030302



先週の木曜日くらいから延々と掘っている穴は、とうとう小さな洞窟くらいになり、

とろとろのドロンコは、ケーキになり、タコ焼きになり、アイスクリームになり・・・。

PB030322


竹の橋は、がらがらどんの橋になったり、お家になったり。

PB030333

ず~っと、ひとつの遊びをする子、
おもしろそうなことに次々挑戦してみる子、
大きい子の真似がしたくってたまらない子、

そして、それをゆったりと見守りながら、時には一緒に遊ぶ保護者の皆さん。
みんなそれぞれのリズムで、楽しんでいました。

PB030324

あたたかな秋の日差しの下、赤ちゃんたちもご機嫌。

マンモスもみんなによじのぼられて、パーティー会場にもなって、うれしそうでした。

PB030339


PB030337

お弁当の後の、まんまる焚き火Cafeでは、アイヌのハーブティーを飲みながら、
まんまるのことをあじめからお話させてもらってから、フリートークの時間に。

淡路島への移住の決めてになったことや、兄弟への接し方、いやいや期のこと
子ども達を見守るってことの大変さ、お母さんに余裕がないのをどうしたらいいか、
などなど、いろいろな話題に、耳を傾け、語り合いました。

PB030351



人間の始まりである、火を囲み、人間について語る、素敵な時間でした。

また、みんなで一緒に遊びましょう。
こんな風な時間も、またもてたらいいなと思っています。
ご参加、ありがとうございました。

PB030353




わらべうたベビーマッサージ 開催しました

暑いくらいの晴天で、木々が葉を揺らす音をBGMに、

松原亜弥さんを講師にお迎えして、わらべうたベビーマッサージを開催しました。



松原さんの教室に通っている常連さんに加え、はじめましての方も一緒に
自己紹介からスタート。

あじめも、何度もニアミスがありながら、初めてお会いできたので、うれしかったです。


時にはゆったり、時には軽快なリズムの歌に合わせて、
お母さんの指が赤ちゃんの上で踊る、わらべうたベビーマッサージ。


きれいな布を目で追ったり、いないないばぁで、大好きなお母さんが顔を出したり。

赤ちゃんも気持ちよさそうです。

PA080099


筋肉の発達を促したり、便秘に効くマッサージがあったり、
このマッサージで、赤ちゃんたちには全身運動の効果があるんだそうです。

なので、水分補給も忘れずに行いました。

PA080103


次々に動物が出てくる歌があったり、昔から歌われているわらべうたも登場。

妊婦さんにおすすめの、こむら返りを防ぐマッサージも教えてもらっちゃいました。

PA080102

PA080106


小豆島のオリーブオイルを使った全身のマッサージは、見ているだけで気持ちよさそう。

気持ちよいことがわかると、もう少し大きくなった時に、
子どもが自分から「マッサージして」と寝っ転がったり、
人形にやってあげたりする姿が見られるそうです。

PA080107

マッサージ自体の効果はもちろん、こんな風に、
お母さんが笑いながら、たくさん赤ちゃんとスキンシップをとること、
ぎゅ~っと抱きしめることが、赤ちゃんの心身ともに
健やかな成長に寄与するんだなぁと実感した時間でした。

ご参加ありがとうございました。

みんなでつくろう!ティピ ~ティピ建設ワークショップ~ 開催しました

9月21日に、淡路島マンモスの池のほとりで、ティピ建設ワークショップを行いました。


講師は、前日に「大地とつながるお話会」をしてくれた、山田圓尚さん。
昨日ギターを持っていたその手には、今日は大工道具が握られています。

マンモス里山番、等さんたちが草刈りをして整地しておいてくださった場所に、
まずはあらかじめ切り出しておいた長い長い竹を運ぶところから、スタートです。

P9213922

土台となる3本の竹を立てた後、その合間に竹を追加し、ロープで巻いてとめていきます。
水分の残るまだ青くて長い竹は、重くて大変・・・。
みんなで声をかけあい、バランスをみながら、骨組みを組み立てていきます。

P9213929

布の中心に最後の一本の竹を結びつけ、骨組みに立てかけたら、
布の両側につけたロープでひっぱりながら、骨組みに洋服を着せるように布をかぶせていきます。

P9213939

P9213954

P9213957

つなぎ目は、皮を剥いだ木の棒で縫いとめるように、とめました。

P9213968

ティピの下は、杭で母なる大地にしっかりと固定。

P9213976


雨が降ったら上部を閉めることができるつくりになっています。
この開閉も、竹とロープをうまく操って、行います。

P9214010


内部はこんな感じ。
淡路島ではその勢力の強さから、やっかいものの竹が、すがすがしい姿で存在しています。
浄化のためのセージの香りが、ゆっくりと広がっていきます。

P9214004


中で焚き火をしながら、ゆっくりとおしゃべりをする時間が楽しみです。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
またティピに会いに来てくださいね。

P9214003

西アフリカ(ギニア)のリズム遊びとギニア料理 開催しました

またまた台風で、お天気が心配だった9月17日(土)・・・。


でも、あじめの大好きなソロ・ケイタ先生の太鼓の音は、ぜひぜひ野外で聞いてほしくて、
晴れますようにとお願いしていたら、なんとか台風がゆっくりになってくれました!

イベント開始前から、ご機嫌なリズムが淡路島マンモスに響き渡ります。

P9173876


始めてジェンベに触る人は、おっかなびっくり。
何の動物の皮が張られているかのクイズからスタートです。

P9173880

「こんな風に叩くんだよ」と教えてもらって、同じような場所を叩いても、
ソロさんの音色には程遠くてびっくり。

それもそのはず、ソロさんの太鼓は、ショーとして見せる太鼓ではなく、
村の伝統を伝える太鼓だからです。

P9173882

マリンケ族出身のソロさんに、マリンケ語の挨拶や、数の数え方も教えてもらいました。

伴奏のリズムを習ったら、日本の童謡の伴奏にもピッタリでした!


太鼓を包丁に持ち替えて、後半はギニア料理教室。

P9173885


ギニアでは、男の人が料理をするのは珍しいのですが、
食いしん坊のソロさんは、お母さんの料理を見よう見まねで覚えたんですって。


地元産のオクラと玉ねぎをた~っぷりと、長ネギやナスも小さく小さく刻みます。
日本在住の方々は、フードプロセッサーを使ってしまうというみじん切りに、
子ども達も奮闘!

P9173888

ソロさんの村と同じく、薪を使って「バンブラ」と「マンフィンギー」が出来上がりました。
バン=オクラ@マリンケ語、ブラ=ソース@マリンケ語です。
バンブラには、ピーナッツペーストも入っています。

マンフィンギーの「ギ―」は水の意味。
野菜を色々入れたスープという意味だそうです。
今回は、村でもよく食べられる、トマト味のスープにしてみました。

P9173889

スープが煮えるのを待っている間、ソロさんが
「ご飯がやってきたよ、作業をやめて、ひとやすみ、ご飯にしよう!」
という意味の歌を歌ってくれて、楽しく待つことができました。

P9173891

あ、こちらでは、何やらマンモスの野草料理もおいしそうに出来上がっていましたよ。

P9173890


薪で炊いたご飯(五色町産の、合鴨農法の無農薬米!)もおいしくできました★

P9173897


食後には、こちらもギニアのお土産のハイビスカスティをいただきました。


耳で、手で、口で、お腹で、
ギニアの伝統を感じた、楽しいひとときでした。


ご参加ありがとうございました。
開催場所
淡路島の真ん中にある里山プレーパーク淡路島マンモスで開催しています。
詳しくは下記リンクからご覧下さい。
淡路島マンモス
Googleマップ
ギャラリー
  • 170425  新幹線とサンドイッチ
  • 170425  新幹線とサンドイッチ
  • 170425  新幹線とサンドイッチ
  • 170424  大人も解放されて、はなまる
  • 170424  大人も解放されて、はなまる
  • 170424  大人も解放されて、はなまる
  • 170424  大人も解放されて、はなまる
  • 170424  大人も解放されて、はなまる
  • 170420  手取り足取り