お知らせ

◆12月10日(日) 自然と共にある仕事場見学&お仕事体験 その3◆

豊かな海、田畑、森がひろがる淡路島。
そんな自然と共に、日々仕事をしている人たちがいます。

今回は、3回シリーズ(塩・馬・森)で、淡路島の魅力を、
「自然と共にある仕事」「豊かでゆかいな人材」に着目して紹介します。


人間の思い通りにはいかないことや、計画通りにいかないこともたくさんあるけれど、
だからこそおもしろい、心地よい仕事です。
普段なかなか耳にしない職業を選んだだけあって、その人柄もユニークです★

仕事内容を聞いたり、見学したり、実際に体験もしてみます。
親子参加はもちろん、大人の社会科見学も大歓迎!
毎回、小さなお土産付きです。

◆自然と共にある仕事場見学&お仕事体験 その3◆
   ~森~ 森が遊び場!森のようちえん

 第3回は、私たち、”森のようちえん まんまる” を、紹介させてもらいます。
四季折々、様々に表情を変える森が、”森のようちえん まんまる”の遊び場。
心も体もまるごとありのまま、「今・ここ」の自分の気持ちを大切に遊び尽くす、森のようちえん。
自然から五感で受け取るやさしい刺激は、子ども達の創造力+想像力を育みます。
 落ち葉を踏みしめながらフィールドパトロールに出かけたら、冬の森でしか出会えない、
お宝が見つかるかもしれません。


・とき  2017年12月10日(日)10時~12時
・講師  佐藤 明希 (森のようちえん まんまる 代表)
・参加費 高校生~大人 1,000円  小中学生 500円  3歳以上 300円
      ※全3回すべてにご参加の方は、第3回のみそれぞれ100円引き!

まんまるっこたちと



◆こんなおはなし聞けるかも
・冬の森のお宝
・森のようちえんの保育について
・焚き火の楽しみ方

◆お仕事体験(予定)
・焚き付け拾い
・フィールドパトロール

◆講師プロフィール
  佐藤 明希
   2015年4月に、淡路島で初めての、園舎を持たない”森のようちえん まんまる”を仲間と開園。
  岐阜、長野での計8年の自然学校でのインタープリター(自然案内人)、香川で森のようちえんの
  立ち上げと保育者を経て、淡路島に流れ着く。
   森の中の変なもの探し、歌を歌うこと、落書き、西アフリカの太鼓とダンスも大好き。保育士。
  Facebookページはこちら

◆ご予約・お問合せ
 ※持ち物や集合場所の詳細は、ご予約いただいた方にお知らせします
 ※定員になり次第締め切り(先着順)

awaji.manmaru★gmail.com  ★を@に代え、以下の情報を送信してください
              件名を「12月10日 島の仕事 申し込み」としてください
①参加者代表者氏名
②参加人数と内訳(大人〇名、小中学生〇名、3歳以上〇名)
③当日つながる携帯電話番号
④講師に聞いてみたいこと、もしくは興味がある仕事内容


◆11月26日(日)自然と共にある仕事場見学&お仕事体験 その2◆

豊かな海、田畑、森がひろがる淡路島。
そんな自然と共に、日々仕事をしている人たちがいます。

今回は、3回シリーズ(塩・馬・森)で、淡路島の魅力を、
「自然と共にある仕事」「豊かでゆかいな人材」に着目して紹介します。


人間の思い通りにはいかないことや、計画通りにいかないこともたくさんあるけれど、
だからこそおもしろい、心地よい仕事です。
普段なかなか耳にしない職業を選んだだけあって、その人柄もユニークです★

仕事内容を聞いたり、見学したり、実際に体験もしてみます。
親子参加はもちろん、大人の社会科見学も大歓迎!
毎回、小さなお土産付きです。

◆自然と共にある仕事場見学&お仕事体験 その2◆
   ~馬~ 癒す、耕す、馬との暮らし

 古くから、人間と生活を共にしてきた動物である、馬。
言葉を使わなくても、心が通い合うことが体験できると、馬をより身近に感じられるはず。
 「くらしに馬を」をコンセプトに、馬とのふれあい、馬との仕事(馬耕など)を通じて、
人と馬をつないでいる仕事場をのぞいてみましょう。馬のそばにいるだけで、
不思議とゆったりした気持ちになることができます。


・とき  2017年11月26日(日)10時~12時
・講師  山下 勉さん (SHARE HORSE ISLAND 代表)
・参加費 高校生~大人 1,000円  小中学生 500円  3歳以上 300円

22181309_1453916971371177_2692937101711032048_o


◆こんなおはなし聞けるかも
・馬と仲良くなる方法
・淡路島の馬の歴史
・馬と人のこれから

◆お仕事体験(予定)
・餌やりとブラッシング
・ボロ(馬のウ〇チ)の回収

◆講師プロフィール
  山下 勉
   2013年に淡路島に移住。
  地域おこし協力隊時代に、かつて馬産地であった淡路島の地域資源である馬に着目し、
  馬博、馬合宿、馬場BAR、馬耕復活イベントなど、ユニークな活動を企画・実施。
   現代の人と馬の関わりについて、競馬・乗馬に限らない在り方を求め、活動している。
  3年間の協力隊任期満了後、行き場をなくした寒立馬”風月”を引き取り、「くらしに馬を」
  をテーマに、馬を軸にしたコミュニティづくりを実践中。
  Facebookページはこちら

◆ご予約・お問合せ
 ※持ち物や集合場所の詳細は、ご予約いただいた方にお知らせします
 ※定員になり次第締め切り(先着順)

awaji.manmaru★gmail.com  ★を@に代え、以下の情報を送信してください
              件名を「11月26日 島の仕事 申し込み」としてください
①参加者代表者氏名
②参加人数と内訳(大人〇名、小中学生〇名、3歳以上〇名)
③当日つながる携帯電話番号
④講師に聞いてみたいこと、もしくは興味がある仕事内容


◆11月19日(日) 自然と共にある仕事場見学&お仕事体験 その1 ◆

 豊かな海、田畑、森がひろがる淡路島。
そんな自然と共に、日々仕事をしている人たちがいます。

今回は、3回シリーズ(塩・馬・森)で、淡路島の魅力を、
「自然と共にある仕事」「豊かでゆかいな人材」に着目して紹介します。


人間の思い通りにはいかないことや、計画通りにいかないこともたくさんあるけれど、
だからこそおもしろい、心地よい仕事です。
普段なかなか耳にしない職業を選んだだけあって、その人柄もユニークです★

仕事内容を聞いたり、見学したり、実際に体験もしてみます。
親子参加はもちろん、大人の社会科見学も大歓迎!
毎回、小さなお土産付きです。

◆自然と共にある仕事場見学&お仕事体験 その1◆
   ~塩~ 海水を薪で炊いて、塩をつくる

 人間が生きていくのに欠かせない、塩。母なる海から海水をくみ上げて、心を込めて薪で炊き上げる末澤さんのお塩「自凝雫塩(おのころしずくしお)」は、一味も、ふた味も違います。
 海水から塩ができていく過程を、実物を見ながら、触れながら、わかりやすく教えてもらいます。
淡路島の海が、自分の体の一部になることを実感できる、ひとときです。


・とき  2017年11月19日(日)10時~12時
・講師  末澤 輝之さん (株式会社 脱サラファクトリー 代表)
・参加費 高校生~大人 1,000円  小中学生 500円  3歳以上 300円

P3232731

◆こんなおはなし聞けるかも
・塩づくりのこだわり
・食塩と天然塩の違い
・月と塩の関係

◆お仕事体験(予定)
・塩の仕上げ
・味見!

◆講師プロフィール
  末澤 輝之
   神戸に生まれ、食に関わる仕事に長年従事。
  食に対する興味が増す中で、日本人の食すものには多くの農薬が含まれることを知り、
  深く掘り下げて調べると、海の成分をしっかり含む塩が、まだまだ少ないことを知る。
  生まれ育った関西の地で、本物の塩をつくるため、全国の製塩所を巡った後、淡路島にて起業。
  脱サラファクトリーWEBサイトはこちら

◆ご予約・お問合せ
 ※持ち物や集合場所の詳細は、ご予約いただいた方にお知らせします
 ※定員になり次第締め切り(先着順)

awaji.manmaru★gmail.com  ★を@に代え、以下の情報を送信してください
              件名を「11月19日 島の仕事 申し込み」としてください
①参加者代表者氏名
②参加人数と内訳(大人〇名、小中学生〇名、3歳以上〇名)
③当日つながる携帯電話番号
④講師に聞いてみたいこと、もしくは興味がある仕事内容


◆助っ人募集 10月13日(金)ティピ建て◆

先日の台風で、淡路島マンモスに建っていたティピが、
倒れてしまいました。


10月14日(土)、15日(日)のスエットロッジでも使用したいので、
山田圓尚さんに、ナビゲートしていただきながら、
ティピを再建するため、助っ人を募集します。

竹を組むところから完成まで、ティピの建て方を1から山田圓尚さんから学べる機会です!

13日(金)19時~の「大地と繋がるお話会」にご参加いただける方には、
夕食をご用意します(19時からが都合が悪く、夕食のみ参加という方もOKです)

ご協力、よろしくお願いいたします。
見学もご自由にどうぞ(見学の方は、淡路島マンモス利用料500円を、入り口でお支払いください)

◆ティピを建てよう◆

とき  2017年10月13日(金)15時~17時30分ごろ
ところ 淡路島マンモス
参加費 無料

 助っ人していただける方は、
①お名前
②参加人数
③当日つながる携帯電話番号
④夕食の有無(人数も)

を、awaji.manmaru★gmail.com に、★を@に代えて送信してください。

◆10月13日(金)大地と繋がるお話会 ~7ジェネレーションウォーク代表 山田圓尚さん お話会~

10月14日(土)、15日(日)に淡路島マンモスにて、
ネイティブアメリカンの浄化と再生の儀式「スエットロッジ」をリードして下さる、
山田圓尚さんを囲み、”大地とつながるお話会”を開催します。

今回で3回目になりますが、前回もわかりやすいお話の中に、
山田さんの想い、古の智慧、自然とつながる生き方・暮らし方のヒントが
たくさん詰まっていて、とてもあたたかい場になりました。


気がかりなこと、キナ臭いこと、不安なこともたくさんある現代において、
山田さんのお話を聞くこと、インディアンソングを分かち合うことは、
大地と繋がって生きていることへの安心感を思い出させてくれる、
大切な機会だと思っています。


山田さんが代表を務める、セブンジェネレーションウォークは、
「7世代先の子どもたちのことを考えて、今を生きよ」というネイティブアメリカンの教えを基に、
日本や北米を歩いてメッセージをシェアしている仲間たちです。

山田さんが今年の5月(長野県:大鹿村)から、6月(山口県:祝島)までかけて
祈りながら歩かれた、
7 Generations Walk  ~Water is Life~ 2017 の中で
感じられたこと、体験談などもお聞きできる貴重な機会です。


「Water is Life」(詳細な想いはこちらから)


水と命の本質の理解を共有し
祈りのもとに行動し
自然の理が現代社会に還元され
安心と平和のうちに
7世代先まで持続可能な社会を実現していく流れを
共に作っていく、一つの力になれたらと思っています。

P9203912
(前回の、大地と繋がるお話会の様子)

◆大地と繋がるお話会◆
~7ジェネレーションウォーク代表 山田圓尚さん お話会~

とき 2017年10月13日(金) 19時~20時

ところ 洲本市鮎原公民館 和室
     ※洲本市五色町鮎原南谷59
     (五色図書館と同じ入り口を入った、左側です)

参加費 500円+お気持ち

参加申し込み・お問合せ
     awaji.manmaru★gmail.com  ※★を@に代えてください

   1.参加代表者のお名前
 2.参加人数
 3.当日つながる携帯電話番号

 を、お知らせください。

山田圓尚さんのプロフィールは こちら
7ジェネレーションウォーク ウェブサイトは こちら



たくさんの方々のご参加をお待ちしています。



開催場所
淡路島の真ん中にある里山プレーパーク淡路島マンモスで開催しています。
詳しくは下記リンクからご覧下さい。
淡路島マンモス
Googleマップ
ギャラリー
  • ◆2018年2月12日、3月19日 森のおさんぽ会 はなまる開催◆
  • ◆2018年2月12日、3月19日 森のおさんぽ会 はなまる開催◆
  • 180123  ワニと遊ぶ
  • 180123  ワニと遊ぶ
  • 180123  ワニと遊ぶ
  • 180123  ワニと遊ぶ
  • フユイチゴパワー全開、はなまる!
  • フユイチゴパワー全開、はなまる!
  • フユイチゴパワー全開、はなまる!